建築の職種

家やビルなど建物を作る仕事

一般の一戸建て住宅をはじめ、大規模マンションやビル等の建造物を 設計、施工するのが建築業の仕事です。
建築に関する知識と技術、熟練した経験が必要ですので「手に職をつける」仕事です。

■大工
大工は木造建築物の設計、施工が仕事です。経験を積んだ大工は、家を一軒設計して 自分で建ててしまうことができる技術を持っています。
近年、鉄筋建築物も増えていますが、大工の知識と技術力は建築業では欠かせません。 給与形態が日給と言う所も多いようです。

■建築家
実は「建築家」と言う職種はありません。建築士には2級と一級があるのですが、 「一級建築士」の免許取得者を建築家と呼ぶ場合が多いです。
設計を専門に担当する建築設計技術者と、出来上がった設計図を基に施工を 担当する建築設計家に分かれる様です。

■インテリアコーディネーター
個人注文の建築物でも近年は個性溢れる建築物が増えてきました。
インテリアコーディネーターの仕事はインテリアに対する企画、提案などを 行い建物内の空間をデザインする仕事です。

■測量士
街中でも測量をしている姿をときどき見かけることがありますね。 測量士の仕事は建築前に現場の地形、建築物の位置関係を正確に測量することです。 この測量結果は建築工事に不可欠なデータとなります。

■左官
左官は建築物の壁や、外周の地面などを特殊な土やモルタルで仕上げます。 専用のコテを使用し綺麗に仕上げる技はまさに職人技と言えますが、 建物の耐久性向上にもなっているのです。

■鳶(とび)
鳶は建築物作業現場での高所工事に必要な足場を作り、鉄骨を積上げていきます。 当然足場を作らなければ高所の工事が出来ないので、鳶は重要な仕事であり、 また常に危険が伴うので比較的高給となっています。